HOME > 抜け毛の原因

抜け毛の原因

最近枕や衣服、タオルに付いている髪の毛の量が増えた、ついつい抜け毛の本数を数えてしまう人もいるのではないでしょうか。
髪の毛は1日100本程度抜けても問題はないようですが、昔より抜け毛の量が増えたという人は薄毛や禿の兆候かもしれません。

では何故抜け毛が起きるのか、その原因について説明したいとも思います。
そもそも髪の毛は抜けるものです。

ただその量が多いこと、あるいは新しく生える毛が減ってしまうことが薄毛に繋がってしまうのです。
シャンプーで髪を洗った時に最も毛が抜けるようですが、普段何気なく生活をしている瞬間でも抜け毛は起きています。

ですからもし、洗髪をしているときに100本以上抜け毛があるという人は要注意です。
人によって抜け毛の本数に個人差がありますが、1日を通して100本以上毛が抜けていることは確実でしょう。

まず基本的なことですが、頭皮は清潔にしていなければ、抜け毛を引き起こす原因となります。
頭皮の汚れは毛根に詰まって菌を繁殖させたり、毛髪の成長を阻害するものです。

頭皮からは皮脂も分泌されていますが、皮脂の分泌量が多い人は剥げやすいと言われます。
皮脂が多いと汚れも付着しやすいですし、毛穴を塞ぎ、毛根に必要な酸素の供給を妨げるものでもあります。

ですから毎日の洗髪で抜け毛の原因である皮脂と汚れをきれいに洗い流さなければならないのです。
かといって洗浄力の強すぎるシャンプーはかえって頭皮に必要な皮脂を奪ってしまうこともあるのが難しいところです。

また男性に剥げている人が多いのは、男性ホルモンが影響していることがあります。
これはAGAとも呼ばれ、男性型脱毛症というもので、男性ホルモンのテストステロンが毛髪の成長を抑制していることに原因があるようです。

ですから若いうちから薄毛になっている男性は、このテストステロンの分泌量が多いのかもしれません。
ただし抜け毛は男性だけの問題ではありません。

最近は女性でも抜け毛に悩んでいる人が多いようです。
色々な原因は考えられますが、集約すると頭皮環境の悪化、髪に十分な栄養が供給されていないことが共通しているようです。

何故栄養が不足するかというと、ダイエットや食生活の乱れにより、必要な栄養がそもそも足りていないことが考えられます。
また喫煙や飲酒、運動不足、ストレスなどが原因で血液の流れが悪くなり、酸素や栄養の運搬能力が低下していることもあるでしょう。

この点は男性にも共通している抜け毛の原因ですから生活習慣や食習慣を見直すことで抜け毛が改善するかもしれません。
ごぼう茶の薄毛予防効果はこちらに書かれていました。

また男性ホルモンの分泌が抜け毛や薄毛に繋がることがありますが、一方で女性ホルモンの分泌が減ることも、抜け毛に繋がります。
女性は40代以降になると女性ホルモンの分泌が減少しますが、女性ホルモンの内のエストロゲンには毛髪を成長させる作用があり、このホルモンが正常に分泌されなくなると、太く丈夫な毛髪を維持することが出来なくなるのです。