HOME > 抜け毛は遺伝するの?

抜け毛は遺伝するの?

ハゲは遺伝するといいますから、抜け毛も遺伝の影響を強く受けます。両親が共に髪の毛ふさふさなら、お子さんも抜け毛が多い可能性は低いですが、逆に両親の内1人でもハゲ、あるいは薄毛であれば、お子さんの毛が抜けやすい確率は高くなるのです。さらに両親ともに薄毛であれば、ハゲる可能性はさらに高くなるでしょう。最近抜け毛の原因として男性型脱毛症(AGA)というものが注目されていますが、このAGAも遺伝との関連性が指摘されています。男性の場合、AGAに発症する確率はなんと50%、女性の場合も1割から2割はAGAに発症するものと考えられています。男性に抜け毛が多いのは、ヒドロテストステロンという男性ホルモンが分泌されるからとされていますが、この男性ホルモンの分泌も遺伝的要因を強く受けるのです。ハゲの特徴として、前頭部から頭頂部にかけて抜け毛が進行し、おでこが広くなるM字型、頭頂部が薄くなるO字型がありますが、これもホルモンが関係しています。というのも前頭部と頭頂部の毛髪を司っているのが女性ホルモンであり、女性ホルモンが少なくなることでハゲが進行してしまうのです。ちなみに女性の場合、遺伝的にAGAであったとしても症状が出ないことが多いのです。ですから仮に母親がハゲていないとしても、遺伝的にAGAを持っていれば、お子さんがハゲる可能性は大いにあります。これが俗に言う隔世遺伝というもので、男性型脱毛症の遺伝情報は伝達されているわけですから、母親がハゲていなくても祖父がハゲていれば遺伝によって孫も毛が抜けやすくなるというわけです。とはいっても抜け毛が多くなるのは何も遺伝的要因に限ったものではありません。食生活や喫煙、飲酒、ストレスや睡眠不足など生活習慣の影響を大きく受けますから、あきらめずに生活習慣を見直すことから始めましょう。それだけで抜け毛のリスクは大幅に減らすことが出来るはずです。