HOME > イソフラボンが抜け毛予防になる?

イソフラボンが抜け毛予防になる?

美容に効果のあるイソフラボンですが、女性ホルモンの分泌が減ってきた更年期の女性には是非摂取して欲しい成分です。というのもイソフラボンは不足した女性ホルモンを補ってくれる働きがあり、更年期に多い女性疾患の予防に嬉しい効果を持っているのです。また男性ホルモンが多くムダ毛が多いという女性や、逆に抜け毛が増えてきた男性も摂取した方が良いといえます。体毛が濃くなったり、頭髪が薄くなるのは加齢とともに女性ホルモンのエストロゲンが減少することが考えられます。女性だけでなく男性も多少なり女性ホルモンを持っていますから、加齢や生活習慣によって女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの分泌量が増えると抜け毛、薄毛を引き起こすのです。つまりふさふさの髪の毛を維持するには女性ホルモンのエストロゲンを減らさないことが大切なのです。実はイソフラボンの働きはエストロゲンと非常によく似ているからであり、抜け毛予防にも一役買っているのです。ちなみに妊娠出産後に髪の毛が大量に抜ける女性が多くいらっしゃいますが、これは出産後にエストロゲンが大量に減少するからだと考えられています。イソフラボンを摂取することでエストロゲンの作用を生み、発毛を阻害する男性ホルモンの分泌を抑制するわけですから、抜け毛予防に一定の効果があるのも頷けます。さらに言うとイソフラボンと一緒にカプサイシンを摂取することも抜け毛予防の効果を高めると言われています。カプサイシンというと唐辛子が思い浮かびますが、実は頭皮に刺激を与えて発毛を促すことが分かっています。カプサイシンが毛乳頭を刺激して毛母細胞の分裂を促進すると言われますが、カプサイシンの働きを高めるにはイソフラボンが必要なのです。とはいえイソフラボンを過剰に摂取すると、逆に女性ホルモンのバランスを崩してしまうため、体に害となることもあります。理想としては1日70mg程度の摂取量が推奨されていますから、一日の上限摂取量を目安にしてみてください。ちなみにイソフラボンを含む食材として、納豆や豆腐がありますが、これらを毎日の食卓に組み合わせることで、一日の摂取量を摂ることは意外と簡単に出来ます。ただイソフラボンばかり摂取せず、栄養バランスを考えた食事を心がけると良いでしょう。またイソフラボンはサプリメントで摂取することも出来ますが、サプリメントだとつい過剰摂取になりがちなので、用法用量を守って正しく摂取するようにしましょう。